鬱の症状が現れたら要注意【心療内科でドクターにHelp】

男の人

治療から回復を目指す

中年女性

様々な治療方法

鬱病治療は病院で薬を処方してもらうのが一般的ですが、他の療法を取り入れる事が回復には望ましいとされています。特に鬱になってしまった明確な原因がある場合、カウンセリングを受けながら問題を克服しなければ薬だけでは病が完治しません。人が鬱病になる原因はイジメやDVなどの明確な理由だけでなく、生い立ちも挙げられます。家庭内で両親からモラハラを受けて育ったり夫婦の喧嘩を目の当たりにして成育した場合、幼児から積み重ねられてきたトラウマやストレスが大人になって爆発する事もあるのです。特に両親との関係から人間関係の築き方に問題を抱えている場合、社会生活に適応できずに鬱病が発生してしまう事があります。このようなケースでは幼児期から積み上げられてきた問題を克服する事で鬱病を治療する必要があるのです。カウンセリング以外にも鬱病治療には読書療法や音楽療法などを用いる事ができます。こうした療法は心理的なリラックス効果が生まれますので、家庭内の人間関係や仕事で日常的にストレスを溜めて病気になってしまった場合取り入れたい治療方法です。カウンセリングとは異なりできるだけ自分の問題や現状を思考せずリラックスしたい人に向いているとも言えます。どのような治療を取り入れるとしても強い希死念虜や身体的不調が発生している場合、薬はやめないようにしましょう。医師の指示に従わずに薬を減らせば離脱症状が現れてしまう場合があります。離脱症状それ自体がとても苦しいものですし、治りかけていた鬱病を悪化させてしまう事もありますので注意が必要です。

自分でできる事を探す

鬱病に罹ってしまった場合、病院に通うのはもちろんですが自分自身の生活を見直す事も大切です。特に日常的な睡眠時間が狂っている場合、きちんと朝起きて夜眠る生活に戻るようにしましょう。鬱病のメカニズムは明確には究明段階ですが、脳内物質が鬱症状を発生させていると言う一説も存在しています。人間の脳の働きを正常にするためには体内時計に則った暮らしを送る事が大切なのです。またビタミンDは鬱症状を緩和する事で知られていますので、キクラゲや鰯を食べて積極的に摂取すると良いでしょう。基本的には魚や肉を摂取するのが望ましいとされていますから、ジャンクフードや脂肪分の多い食生活を送っている場合改善するようにしましょう。特に糖質を多く摂取している場合、一時は血糖値が上昇して元気になりますがその後の気分の落ち込みが危険です。炭水化物の多い食生活は見直しましょう。鬱病に罹患している人にとって最も恐ろしいのが希死念虜です。実際に命を絶ってしまう人も多くおられますから、予防が欠かせません。まずは患者さん自身が本やインターネットで鬱病に対する理解を深め、気分の落ち込みを客観的に認知できるようにする事が大切です。死にたいと思いつめてしまうのには原因がありますが、その一助が病にあると考えれば思いとどまる事もできるのです。鬱病にかかって仕事を辞めてしまった場合先々の生活が気になりますが、雇用保険や障害年金など申請する事によってお金をもらえるケースもありますので注目してみましょう。