鬱の症状が現れたら要注意【心療内科でドクターにHelp】

男の人

回復のために知りたい事

医療

身体に現れる症状

鬱病は気分的な落ち込みが真っ先に現れる病ですから、気持ち一つで克服できると思われがちです。しかし鬱病は気分障害以外の症状が発生する事もありますので、このような場合精神論では回復しません。良く現れる身体的な不調と言えば頭痛や吐き気、眩暈が挙げられます。こうした症状は風邪や自律神経失調症などでも見られる症状ですから、誤診に注意しましょう。自分自身が鬱症状を「風邪」で済ませてしまっている方もおられますが、慢性的に症状が続いている場合は通院が欠かせません。また日常生活を阻害する症状と言えば不眠が挙げられます。鬱病でなくとも人は心配事があれば不眠状態に陥ってしまいますが、長期に渡ってきちんとした睡眠をとれない場合仕事や家事に支障をきたしますので大変危険です。不眠や頭痛など身体的な症状が先に現れる鬱病もありますので、眠れない場合は放っておかないようにしましょう。次に鬱病で現れる深刻な症状と言えば幻覚や幻聴が挙げられます。こうした症状は統合失調症の患者さんに良く見られるものですが、鬱病に罹患している人でも同様の症状が現れるケースが存在しているのです。幻覚や幻聴は鬱病患者さんの自殺願望を進行させる場合もありますので注意しましょう。他にも危険な症状と言えば健忘症状や注意力の低下が挙げられます。このような症状が出た場合日常的に行なっていた簡単な料理や事務仕事さえできなくなってしまいます。そこから自信が喪失して鬱状態を悪化させてしまうケースもあるのです。これらの症状が現れた場合、病院で適切な治療を受けなければ症状が悪化してしまいます。

治療に欠かせないもの

鬱病治療を適切に進めたい場合、サポートしてくれる人達の存在が欠かせません。中でも重要なキーパーソンと言えば医師の存在が挙げられます。鬱病に罹ってしまった患者さんは多くの場合病気を発生させるに至った心の問題を抱えています。中には余り人に話したくないプライベートなトラブルに悩んでいる方もおられるでしょう。患者さんが鬱病の治療を進める場合、医師に自分の胸の内をさらす必要がありますが、万が一医師が信頼できない人物であればトラウマやPTSDも改善しません。鬱病治療には心理療法と薬物療法の二つが重要であるとされており、きちんと話を聞いてくれない病院で治療を進めた場合状態が改善しない事もあるのです。そのような不安がある人は別の医師の下で診察を受けるようにしましょう。また気分障害と言えども人によって現れる症状は多様であり、それに伴って効果を発揮する薬は変化します。長く一つの医師の下で薬を処方してもらっているけれど状態が少しも改善しないと言う場合、別の病院でセカンドオピニオンを受けてみましょう。特に鬱病にはいくつかの種類が存在していますから、適切な診断を受ける事が欠かせません。医師の他にも重要なサポート役と言えば家族が存在しています。鬱病患者さんはその多くが自分の命を軽視してしまうため、最悪の状況を防ぐためにも家族のフォローが重要な役割を果たすのです。特に病気から仕事を辞めた場合経済的に立ち行かなくなるケースがありますから、そうした患者さんは家族の支えを得る事で治療に専念しましょう。