鬱の症状が現れたら要注意【心療内科でドクターにHelp】

男性

段階がある病気

PCと女性

初期症状と病気の進行

人間は誰もが悩みや心配事を抱えて生きています。仕事にしてもプライベートな事にしても様々なプレッシャーがかかりストレスになります。ストレスを感じない方はいないと言っても良いでしょう。しかし、誰もが感じるストレスを、人間は、知らず知らずのうちに解消しています。自分でストレス解消法を見つけているのです。人間は、治癒能力がありますので、ストレスに対しても攻撃する力を持っています。しかし、そのストレスを解消できない人もいるのです。ストレスが溜まり、少しずつ病気が脳や体を蝕んでいきます。気づいた時には、鬱病という恐ろしい病になっています。鬱病の特徴としては、少しずつ段階を経て病気が進行していきます。初期症状では、気づきにくいかもしれません。例えば、憂鬱な気分が続く、少しの事で落ち込む、適応能力の欠如、朝がなんとなくやる気が起きず、夕方になると気分が良くなる、怠けてはないのにやる気が起きないなどの症状が出ます。鬱病が進行していきますと、睡眠不足が続きます。数時間で目が覚め、夜中に何度も目が覚めて睡眠不足になります。食欲はありますが、気分により食べたり食べなかったりと食事のバランスが激しくなり、食欲不振になります。憂鬱感がひどくなり、寝てばかりになります。やらなければいけないと思うほど、精神的にダメージを与え何もやる気が起きなくなります。気分の良い時と悪い時が激しくなります。職場の方や家族の理解が得られない場合には、責められる事もあります。中々理解し辛い病気です。

治療と効果

周囲の方に責められたり、注意されたりしますと益々病気は、悪化してきます。最悪の状況になりますと、自分の存在まで否定してきます。すると自殺願望が生まれます。鬱病は、治療すると治る病気です。しかし、職場の方や家族の方の理解と協力が必要です。鬱病になりやすい性格や人格の方がいます。例えば、真面目な方、きれい好きで潔癖性、嘘がつけない正直な方、完璧主義者などの方は鬱病を発症しやすいです。抱えたストレスを発散する事が出来ず、悩んでしまいます。深く物事を考えてしまい、冗談が通じませんので何でも本気で捉えてしまいます。人の会話や物事を軽く受け流す事ができないのです。鬱病の方との付き合い方は、違ってきます。家族に症状がある場合には、付き添い病気へ行きましょう。医師の指示や薬、接し方の説明があります。患者は、理解が難しいのと一人では、治療や完治が難しいからです。必ず、家族や周囲の方の協力が必要です。周囲の方の発言に注意が必要です。言ってはいけない言葉や態度などがあります。大切な家族の病気を治す協力です。また、職場の方にも告げておきますと良いでしょう。治療の間は休職も考えてみる事も必要です。鬱病は、必ず完治する病気です。落ち着いてゆっくり治療する事が大事です。薬の服用の他にも工夫できる事はしてみると患者が落ち着きます。また、定期的に専門の病院へ受診されてカウンセリングを受ける事も必要です。必ず、付き添って行きましょう。早く治療しますと早く落ち着きを取り戻します。

必ず完治する病気です

病院

日常憂鬱な気分になる事はよくあります。しかし大抵は心のバランスを保って生きています。残念ながらこのバランスが崩れ社会生活が困難になると鬱病になります。病名がつく恐れや周囲の人の理解への不安もありますが、必ず治る病気であり誰しもなる可能性があります。焦らずに自信を持って治療に取り組む事が大事です。

View Detail

治療から回復を目指す

中年女性

鬱病を発症してしまった場合、用いる事ができる治療方法は複数存在しています。薬だけでなく心理療法や読書療法を取り入れる事によって効果的に病から回復できるのです。また鬱病を効果的に治す場合、患者さん自信が自分の生活をも直すことも大切です。

View Detail

回復のために知りたい事

医療

鬱病になってしまうと、精神的な不調だけでなく身体にも問題が発生します。幻覚や健忘などが現れた場合必ず病院で適切な治療を受けなければ状態が悪化してしまいます。信頼できる医師を探して治療してもらいましょう。また鬱病治療には家族のサポートも欠かせません。

View Detail